性病の感染経路について考える男性

さまざまな性病についてご紹介します。性病の感染経路は性行為だけではなく、その他に色々なものがあります。性病にならないためにはどんな工夫が必要なのか、性病の感染経路を元に見ていきましょう。

性病により倦怠感や空咳の症状が出るケースとは

性病と聞くと、性器に強い痒みや腫れといった症状が出るイメージが強くあるものです。そのため、感染していてもそういった症状が出ていないと、性病を疑わない人が少なくありません。ですが性病というのは実際は、性器にだけ感染して、症状を引き起こすものではなかったりします。キスやその他の性行為によって、喉に感染してしまい、空咳や倦怠感といった風邪に似た症状を引き起こす事もあるのです。
特にクラミジアというのは、喉に感染するケースが多くあるので注意が必要だったりします。しかも厄介な事に、性行為で感染しても直ぐに自覚症状が出る訳ではなく、無自覚なまま、ある日空咳や倦怠感、発熱といった症状が出てしまうのです。そのため、症状が出た当初は風邪だと思い込んでしまう人が多く、症状自体も風邪の症状と似通っているので自力では判断が付かなかったりします。
逆に言えば風邪の初期症状とも混同し易いので、初期の段階では市販の風邪薬を飲んで対処してしまう人が多いです。ですが治りが悪いために病院に行き、そこで検査を受ける事でようやく咽頭クラミジアに感染していると気付く事になります。なので風俗店に行ったり、頻繁に性交渉を行う等の思い当たる節があり、風薬を飲んでも空咳や倦怠感といった症状が治まらない人は、出来るだけ早く耳鼻咽喉科に行き、検査を受けてみるべきです。
というのも咽頭クラミジアは、最初は軽い風邪の様な症状であっても放置していると、喉の炎症が進行して膿が出てしまう様になったりします。更に喉のクラミジアがパートナーとの性行為で性器に感染し、その結果自分の性器にも感染してしまう恐れもあるのです。性器に感染し適切に治療しないと、不妊症の原因ともなってしまいます。なので性病だとの疑いがあるなら、出来るだけ早く適切に対処する事が重要なのです。